We’re All Alone

この曲の成り立ちも言われも知らないけど、いい曲だなぁと思うので、それでいいか、と思いました。
小曽根真のアレンジがいいのかな。
ずいぶん昔に、彼の特集をやっているテレビを見て、その時の強い印象をまだ覚えています。
彼は天才ジャズピアニストとしてデビューしたけど、その後、天才故に自分の色を確立できずに悩んで、アメリカの放浪生活(? かなり誤解ありの可能性あり)で自分の色を創出することに成功したみたいです。
表情が、デビュー当時の映像と全く違ったように見えました。強い優しさを感じます。
辛い心の叫びにも聞こえるし、みんなが輝く未来を持っているようにも聞こえます。
やっぱり最後はピアノみたい。こればかりは、親に感謝するほかありません。
自分は放浪できているだろうか。
おやすみなさい。
#Homeもそうだけど、微妙に純日本的な浪花節が入ってる感じがするのが、安心するんだよなぁ…。