發起人肉骨茶餐館

現地の人に、昼食を外に連れて行ってもらった。
昼間から結構並んでいる。どうにも庶民的な雰囲気の店内。中は写真だらけだ。
出てきたのは、ご飯とスープの中の豚肉。以上。
ふーん、と思いながら食べてみると…これが、うまい。どうにもうまい。特にスープ。
ハーブ好きだからかもしれないけど、全体として、どうも日本人に合う感じがする。
どうも日本法人現地支店のお偉いさんが毎週通っているらしい。現地の人は通うほどどこがうまいのかよくわかんないみたいだけど…ぼくにはわかった気がしました。
ちなみに、「茶」は、お茶のことではなく、スープのこととのこと。
おしぼりの袋にのってる、青島幸男似のおっさんは、よく見たら全部の写真にのってるのだった…この人が発起人なのかな。