ホリえもん所信表明演説

「インターネットとシナジーだ」「いやそんなこともうやってる」的議論でふと思った。
行き着くとこまで行くとBMLvsHTML, ARIBvsIETFまで行きそうだなぁ、と…
そう考えると、外資によるコントロールという話もあるが、これも国際競争力を育ててこなかったツケとも考えられるか…
どうやら人ごとの話題ではないらしい。
シナジーと言うが、インターネットの面白さって何だろう。かといって誰も使わないBASIC手順の双方向もないだろう。放送事業者もNHKまでがEthernetに向かっているし…
結局最後はDRMでうーんとなってしまうんだろうか…。そしたらアプライアンスに向かうのか。IPはただの安いL3となってしまうのか…
そしてまた、3GPPに出て行ったドコモはある意味偉かったのかも、と思う。
IW2004のJPINGのBOFでだいぶ頭が整理されてきたのは、ぼくがこのへんのことに課題認識を持っているということでした。あぁ、政策・メディア的ネタだ…
それではDVB-Hでお会いしましょう。

“ホリえもん所信表明演説” への1件の返信

  1. 放送業界というものを考えると、この争いは結局は既得権益に対する争いなのかもしれないなぁ。
    社会の方向性というのはこういうごたごたがあって決まっていくのでしょう。
    逆に今まで何も無さ過ぎただけかもしれない。
    ホリえもん100人くらいいないのかな。
    そうか、バブル後の不況という「うねり」は、教育制度の変化と比例しているのかな…

コメントは受け付けていません。