歌いたかったんです。
音感はあると思うんです。
でも、音程が取れないんです。
持ち運べる楽器を、持ってみたかったんです。
立って弾く楽器を、弾いてみたかったんです。
ピアノの、対極に、ある。
チェロをやるつもりだったんです。数年間くらい。
でも、置き場所ないんです。
実は、身近な存在だったんです。
高校の音楽の授業で、徳永先生のお弟子さんと合わせた、プレリュードとアレグロ。
いとこの家にある楽器。
叔母が習っているのを見ていた、母。
どうかしそうなときに、曲がりそうなときに、何をしたらいいのか。
水泳?旅行?ぼーっとする?
何かを変えないと。何かをしないと。何?
いろいろいろいろ考えて、根底にあるものは、何か。
…音楽。やっぱりこれが自分の底に存在する。
真っ直ぐに戻れそうな気がするんです。
真っ直ぐ立つことによって。フランクの真っ直ぐな曲を弾くことによって。
歌えそうな気がするんです。
持続音によって。
…で、勢いで始めてしまったものの、
死ぬまでに歌えるようになるのか?
死ぬまで続けられるのか?
無謀な夢。
フランクのバイオリンソナタ。
クライスラーのプレリュードとアレグロ。
ラフマニノフのボーカリーズ。
バッハのエール。
ピアノと。弦楽四重奏で。オケで。
夢ばかり広がります。
楽器の形と色を眺めているだけで、200年前に戻れそうな、そんな感じが、
好き。そして、60歳でも続けていそうな、予感がします。

第0回

緊張で汗をかいた第0回レッスン。
今日のポイント:
・右手首の形
・楽器をあまり持ち上げない
・少し左足に体重がかかる感じで
力が入ってしまいます。左手も卵が潰れてしまいそう。
楽器はカラオケボックスを覚悟して本物を買うかな…。
先生に何か失礼があったら、大変申し訳ありません。
以降気をつけますので許して下さい。

記憶とは

記憶とは何だろう、という話の中で、この「印象に残った授業」カテゴリが思い当たった。
数ある授業の中でも、何故か、どうしてか、言葉だったり詳細だったりを記憶している授業たち。
ここにある理由は、共感だったり、新しい発見だったり、そういう理由だと思う。
一つ書き忘れていた授業を思い出した。
TM小学校のU田校長先生は、朝会のお話で、ノック2回はトイレのノックだと言った。お部屋に入る時は3回ですよ、と。
以来、ノックする時に必ず思い出してしまうのでした。

最近すっかり飛んでませんが…。
動画埋め込みテスト。
飛行機、欲しくなっちゃった。

LVM

LinuxのLVMですが、HDDのお引越しの際に、引越し元と引越し先が同一VolumeGroup(VG)名でmountできずに困りました。…というお仲間が他にもいらっしゃるようで安心しました。
http://www.ginnokagi.com/kvm/
http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/f6/toshihiro/settei/mount.html
http://voicetwo.selfip.com/yashikiba/aprk/item/58
基本は「(引越し先の)VG名をvgrenameで変更する」となると思いますが、VG名を変更すると引越し先がbootできなくなってしまいます。
そこで

  1. 引越し先VG名が引越し元とかぶらないように、引越し先OSのインストーラを改変して引越し先をインストールしてからmountする
  2. 引越し先OSが変更後のVG名でもbootできるように、引越し先OSのインストール後に引越し先を改変する
  3. 引越し先VG名を元に戻す

という案がありそうですが、1と2は同じくらいの難易度? grub.confとfstabをいじりながらinitrd.imgも変えて? うーむ。しかも事情によって出来ない場合がありそう。
というわけで、3になるわけですが、vgrenameで元に戻そうとすると、引越し元と重複するVG名には戻せない…。
で、VMwareのUbuntuのLiveCDをbootし、引越し先ディスクを認識させ、vgrenameで引越し元と重複するVG名にして、VMwareを終了してvgdisplayしたら、VG名が同じになりました。
ただ、さらにvgrenameしたり、それをmountしようとしたりすると、おかしくなるようです。どうもcacheがからんでいるらしい。~scanではだめっぽく、/etc/lvm/cacheあたりをいじればいいかもしれませんが、それはそれでこわいので、再起動したら完全に元に戻りました。…というつもりになっています。

続・迷惑メール対策

SMTP接続時にクライアントの振る舞いを観察する手法は、転送メールではどうすることもできないので、Received:をたどって発信元のIPアドレスからGeoIPで見た国コードをヘッダに付ける簡単なPerlスクリプトを書いてみました。
さらにprocmailでX-Sender-GeoIPを見て振り分けます。
自分の過去メールはほぼ100%、JPとUSからだったので、spam以外が偏ってる人にはいいかも。うちに来るspamはあんま偏ってない感じです^^;

迷惑メール対策

今更ながら迷惑メール対策をしてみました。
今のところ、若干ルールを広げたS25Rルールにtarpitting+greylistingでかなり減らせています。
すり抜けたものは、SPF, bsfilter, URI RBLの結果をcheck_uri.plでヘッダに付けてprocmailで振り分けて、spamが気にならないレベルになりました。
SpamAssassinだと重み付けを集中的に設定できていいなぁと思いつつ、bsfilterの日本語形態素解析やprocmailの自由な設定もいいと思い、今の方法に落ち着きました。
backscatterは、postmasterなどから来たメールの本文に、From:が自分のアドレスの引用が付いていない場合に、procmailでspamと判断さてみてます。
どうもcheck_uri.plにデフォルトでリストアップされているURI RBLが最後のだめ押しに効果的のようです。うちに来るspamでは、SpamCopより当たるみたい。環境が似てるのかな…。
GeoIPで見ると、ヨーロッパからの接続が圧倒的ですね。アジアのほうが多いのかと思ってた。
ケータイのメールもclientのアドレスブロックや本文でフィルタできると楽なんだけどなぁ…サーバの負荷が高すぎて無理なんだろうなぁ。ケータイのspamはいっつも同じ本文で見飽きてるのに…。本文フィルタなら端末側の計算量だけでどうにかなりそうな気もするし。

フレッツ・スクエア

フレッツ・スクエアのルーティング情報を久々にチェックしたら、以前とずいぶん変わっていたので、RT57iの設定を変更。しかもv6対応なんてのも出てたんだ…。
ra-proxyで一応できました。でもこれやっちゃうと、家の中のv6対応OSは全部フレッツ・スクエアのRAになってしまう…。ISPがv6配るようになったら共存は無理なの? ってかOCNのトンネルでのv6との共存も無理なの??
しかし、コンテンツの種類でルータを買い替えたり設定を変えたり、しかもその時にIPv6が…なんて言ったら、IPv6に拒絶反応な人が増えそうで心配。東西はISPできないけどPPPoEはできる、という理屈だとこうなっちゃうの??
…といろいろ思いつつ、ルパンを一部無料で見せてくれるので妥協。VMWare Fusionで3Mbpsもなんとか見られました。

iMacアップデート

ATI Radeo HD 4850を搭載したiMacのアップデートが来た。
どうも「断続的なシステムフリーズの問題」が解決されたようだ。
…ってことは、前のRadeonの固まり問題も解決されたってこと?
買い替え、損した? (T_T)