アクセスカウンタ

7セグメントではなくって…ぼくがちいさいころ、スケート場のカップラーメンの自動販売機(?)についていた、数字を表示する機械。オレンジ色にぼうぅっと光って、0から9までが奥行きを持って配置されている、表示装置。
最近は癒しにいいとかでこの表示装置の時計が流行っているという記事を見た。
…ここまでわかっているのだが、名前がわからないためにググれないでいます。
この表示装置のデザインを用いたアクセスカウンタが使いたいのだぁ〜

Now Playing

今iTunesで再生中の曲名をpngにして送るNow Playing、転送方法はftp, .Mac, DAVの3種類のこと。ftpは使えないしDAVはBasic認証のみでかつうちのサーバには何故か送れない…
というわけでscpやsftpで送る方法ないのかな。
もうちょっと探してみます。

XEmacs 21.4.15

最近はUTF-8の文書多いのね…TypeKeyの登録メールとか、MTのページとか。
ぼくの.xemacs/init.elだと化け化け。検索で出た対応例をいくつか試してみたけど、バージョンが合わないのかどうもだめなようです。

Skype

Skypeの通話は中継ノードに盗聴されないのだろうか…
とふと思ってみた。
End-Endで暗号化? その時の認証はどうやってるんだろ…

CDMA2000 1X

A5403CAの電池とRFがくたばりそうなので、機種変したいのだが、WINの料金体系が通話に対して実質値上げだったので、泣く泣く本命W21CAをあきらめざるを得ない状況…。A5406CAかtalbyかで迷い中。
au(ぼくにとっては)値上げに来たか…。3GのARPUが9000円との話もあるが、みんな何に使っているのだろう。実質通話だったりして。それはぼくだけか…
ネイティブアプリなどなくともブラウザとJavaがプラットフォームになり得るということか。BREWが当たっているということか…謎。

やさしいキスをして

ドラマ「砂の器」でも使われたこの曲、サントラの最後に入っているピアノアレンジが何故かはまってしまい、楽譜が欲しいなぁと思い始める。しかし、J-POPのピアノ譜の多くはかんたんアレンジになっていて、それはそれでよいのだが…今回はこのアレンジじゃないとだめなんだぁ〜(千住明アレンジ?)。少なくとも近所のCD屋/楽器屋にはなかった。
ググって探せばいいのだろうが、なんかそうする気にならないのは年のせいか…何か違う気がする。

デジタル制御ミキサー

PC, TV, シンセ, インターネットラジオ, PSP…増え続ける(我が家の)アプライアンス音源ソース! そこでこんなものないだろうか…
○入力: 3.5φミニジャックx4〜6
○制御: USB(Win/Mac両対応) しかもUSB音源にもなる
○ついでに: AirTunes対応
しかし気づいた。アプライアンスを使うのに制御がPCじゃ意味がないかも…
上に書いた音源ソースは確かにみんなPCで実現できるけど、どれもUIが優れているのだと思う。そろそろUI含めて何でもPCに入れるという発想はやめて、音源はPCでもUIは「モノ」でそれらがつながっているふうにならないものか…
ケータイは多数の音源ソースを状態によって切り替えているのだから大変そうだ…

Lavie購入

両親用自作パソコンが故障。近くの店で在庫があるノートパソコン2台という制約条件で買ったパソコンがLavie L。父親は全部入り希望派なのでTV付きを、母親は同じ機種のTVなしを買ってみた。無線化も完了しいよいよ一人一台時代だな…いとこの家も無線化+一人一台設定しました。
プリインストールソフト盛りだくさんでメニュー化されているのだが、デスクトップにもメニューが貼ってあるわその上にメニューソフトは起動するわ更新通知はWindowsからとか内蔵ソフトからくるわで、ふつーの人にはわけわかめだろうな…。ケータイの画面遷移*の実装*が複雑なのはこのPCの事態をユニバーサルサービスとして文句が出ないように端末ソフトで最大限押さえ込んでるからか。Windowsの「ポップアップ」ではなく「ふきだし」にする対策は、状態によって出る出ないを判定する実装よりは消極的だが楽チンそうだ。
今日の設定は時間がかかったところはほとんどセキュリティがらみなので、Endまでサービスが来てしまった時の手間をケータイの網構成を想像しながら比較してしまった…。