ser+RT57i

ついにできたぁ~
RT57i<->RT54iで通話できました。
RT57iが死ぬのがやなので、RT57iをもう1台買ってしまいました(^^;;
ふつーにUDPであっさりできてしまった…なんだったんだろ。
・MySQLのキー長対応
・max forwarders10以下じゃなくても大丈夫対応
・url==myselfでなくてもいい対応(ほんとはmyselfの定義が変えられればいいのかな)
でできるってことかな…
次はnathelper+rtpproxyだぁ~

serctl ping

sipuriにはsip:をつけないとだめです。
でも付けたらlivedoor SIP Phoneから200が帰ってきたのには感動。
でもserwebには477だった…REGISTERしたはずなんだけど、無理なのかな。

DAV

WindowsXPのDAVクライアントがうまくいく人とうまくいかない人がいる…
証明書の警告やダイジェスト認証の画面が同じWindowsXPでも明らかに違うのだ。
IEと同じダイアログが出る場合はurlがencodingされているので大丈夫っぽいが、なんかしょぼいUIのやつは生のSJIS?UTF-8?
噂のサービスが入っちゃってるからなのかなぁ…でも両方ともSP2だしなぁ

ser

苦しいです。今までやったこと:
・ser_mysql.shが最近のMySQLの制限に対応していないのでMySQLを改造
・RT57iからREGISTERできない対応の試行錯誤中にUDP->TCPに変更(不要かも)
・URLにIPv6アドレスが入ってどうやら[::1]的表記にSERが対応していないっぽいので、SIP用のホスト名からAAAAレコードを削除
・セグメントにパブリック/プライベート混在ネットワークでプライベートアドレスが使われてしまうのでlistenするアドレスをパブリックに変更
・max forwardersが10「でないと」(?)483が出るのでser.cfgの該当部分をコメント化
・(NAPTR+)SRVレコードがないとtimeoutするので(??)NAPTR+SRVを定義
これでやっとRRが変と言われるところまできました…

ser + N900iL

ついにREGISTERできたぁ~
でも認証効かないみたい…ユーザ名とか設定できるのに、REGISTERに入ってないです。
serが401でdigest認証って言ってるけどひたすらREGISTER…
しかたないのでとりあえず認証Off。
次はNATかぁ…nathelperもmediaproxyもハードル高そうだなぁ。
ホットスポットからRT57iに電話しますか>kurumics

Maildir対応fromコマンド

どんなUNIX系OSにも入っているfromというメール一覧を表示するコマンド。Maildirには非対応だ…
man fromとすると3.0BSDからの登場だそうで…
そこでこの本家本元fromに一番近い動きをしてくれるMaildir対応fromってどれなんだろ?
英語で検索しようにも”from”じゃ一般単語すぎてやりにくーい

ser-0.8.14 + mysql-4.1.9

ser_mysql.shしようとすると、”Specified key was too long; max key length is 1000 bytes”となる。
はまっている人もいるようですが、解決策は見いだせず…
utf-8が1文字3バイトだから333文字しか入らないとかとは関係ないと思うが…
ujisだから500文字? ujisも3バイト文字あるから?
ujisやめるにはコンパイルしなおし?
うーーーむ、ser_mysql.shのqueryを分割すればいいのかな…

XEmacs 21.4.15

最近はUTF-8の文書多いのね…TypeKeyの登録メールとか、MTのページとか。
ぼくの.xemacs/init.elだと化け化け。検索で出た対応例をいくつか試してみたけど、バージョンが合わないのかどうもだめなようです。