VSE

新宿2丁目のベンチャーに行くためにVSEを使います。ナイスタイミング!

とうちゃーく。U20だとレリーズラグが…

室内は新車の香り。
高い天井が印象的です。
ラピートみたい?

ピラーの少ない窓、木の落ち着いた雰囲気、暖色系の間接照明がよいです。
シートもちょっと窓へ向いてる。

“VSE” の続きを読む

花と草と風と

小学校5年か6年のころに学校で流れていた、NHK合唱コンクール小学生部門かなにかの課題曲。
当時は、ちょっといい曲だなーくらいに思っていたのだけど、その思わせぶりな前奏がどうにも頭を離れなかった。
それから数年後、曲名を忘れながらも曲は鮮明に記憶されていた。
そこで楽譜屋の合唱コーナーをほんとうにはじから一冊一冊、全てのページをなめるという暴挙に。
最後の最後にやっと出会えたのでした。
以来、大切な曲になりました。
初夏を思わせる、さわやかな、美しい曲です。
いつか、合唱をきいてみたいな。テープとかでも全然よいのだけど。

SPA!とYomiuri Weekly

どうやらSPA!世代からYomiuri Weekly世代に移りつつあるようだ。
どちらも共感できるが、どうも前者から後者にその比重が移りつつある気がする。
== 30代?(T_T)
#今日読んだ分では、四元康祐の「会議のマンネリが気になったら」という詩にもっとも共感。

1セグ放送と緊急警告放送

一部ではもっと専門的かつ深い議論がなされているとは思うのですが…
ちょっと自分のものとして恐怖を感じてみた。
固定受信機と移動受信機はやはりそのユースケースとして本質的に異なる気がする。
今までのテレビは、家庭で受信されていることが前提だった。
そこには、家があり、家族がいた。
ところが、携帯端末での放送受信は、電車の中だったり、街中だったり。
若年層だってみんな持ってるけど、そこに家族はいない。
という状況で、駅の全員の、電車の車内の全員の携帯電話が一斉になって、信頼している放送から「いまから数十秒後に天変地異が起こります」と言われたら何が起こるか。
社会的な運用なり合意なりがあまりに不足しているか…
それよりそもそも、1人1台の端末に特定の情報が配信され続けることの意味すらあやうそうだ。
#kurumicsとの議論にて。